奈良フィルの歴史

 奈良フィルハーモニー管弦楽団は、「奈良にプロ・オーケストラを!」と、志ある音楽家たちが集い、1985年に結成したプロ・オーケストラ。メンバーは、高度な音楽教育を受け、ソロやアンサンブル等にも活躍する他、積極的に後進の指導にもあたっている。
 奈良での演奏会も定着し、その音の美しさと緻密なハーモニーは、聴衆から高く評価をうけている。また、これまでの奈良フィルの地道な活動が実を結び、'99年『奈良新聞文化賞』を受賞した。
奈良県主催「なら・ミュージックフェスティバル“石丸 寛”トーク&コンサート」、「オープニングフェスタ“宮川 泰”ハッピーコンサート」、「“山本直純”のゆかいなコンサート」に出演。和歌山市でオペラ「鬼打ち猿丸」、川西市でオペラ「魔笛」、創作オペラ「レオナルド」を初演、兵庫県津名町では関西新空港開港記念演奏に招待され、また、万葉の清流ルネッサンス・キャンペーン「清流クラシックコンサート」でオペラ歌手“岡村喬生”氏と共演。20世紀最後の大晦日に生駒市でカウントダウンコンサートに出演、2001年「宝くじコンサート・奈良フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会」に出演、同じく、斑鳩町文化振興財団主催「奈良フィル&オリヴィエ・シャルリエコンサート」に出演。
同年6月大和郡山市21世紀記念事業「第九演奏会」に出演。以後2002~2005年、やまと郡山城ホール主催「大和郡山市民第九演奏会」に出演。
また、'99年、2000年、2001年香川県仲南町に招かれる。「子と親の楽しいコンサート」を各地で開催し、青少年の情操教育にも力を入れている。
 日本を代表する指揮の秋山和慶氏と世界的なヴァイオリニスト、オリヴィエ・シャルリエ氏を迎えての20周年記念第15回定期演奏会は、大好評を博した。 やまと郡山城ホールにおいて2002年よりニューイヤーコンサートに出演。
2005年奈良フィルクリスマスコンサートを奈良県文化会館と共催。
2006年から始まった「なら燈花会プロムナードコンサート」に金聖響氏、ピアニストメジューエワさんと、2007年横島勝人氏、和太鼓奏者 林英哲氏と、2008年阪哲朗氏、ピアニスト近藤嘉宏氏と2009年阪哲朗氏、ピアニスト仲道育代さん、2010年阪哲朗氏、ジャズピアニスト山下洋輔氏、2011年横島勝人氏、二胡奏者チェン・ミンさんと共演。
2012年は阪哲朗氏、ピアニスト小川典子さんの予定。2008年10月東大寺大仏殿前に於いて、東大寺世界遺産登録10周年記念コンサートに出演。
 '97年に第1回定期演奏会を開催し、以降、年2回のペースで定期演奏会と、月1回のサロンコンサートを開催。また、若手演奏家の育成を兼ね、毎年「奈良フィルとソリストたちの共演」を開催。

結成当初の「もっと楽しいコンサートを!」を今もモットーに、近畿一円の公共団体及び各種団体からも招かれ、演奏活動を行っている。